ダイエットに効果的な糖質制限の方法

太る原因としてよく知られているのが糖質です。炭水化物とほぼ同義として扱われており、これを制限することによって痩せることが可能になっています。ただし効果を求めるためには、正しいことを知らなければなりません。これから炭水化物を控えて糖質制限をしようと考えている方には必見です。

なぜダイエットに効果的?

炭水化物を摂取すると血糖値が上がります。これを各器官に運ぶのがインスリンの役割であり、正常な血糖値を維持しています。余分な血糖は脂肪として蓄えられ、これが体重を増やす原因です。よって糖質となる炭水化物の摂取を控えることによって、効果的にダイエットに成功をするのが糖質制限になっています。主に痩せることを願望にしている女性がこぞって行っている痩せるための方法です。

炭水化物を摂らないダイエットではない

多いのが炭水化物をまったく摂らないダイエットとして認識されている点です。外食産業ではライスやパンを残す人が増えたことで社会問題化したように、まったく炭水化物や糖質を摂らないのが糖質制限ととらえている人も多いです。そうではなく、炭水化物の量を抑えるダイエットとしてとらえるようにしてください。

炭水化物はエネルギーの源となりますので、それをまったく摂取しなくなると、体が疲れやすくなったりする症状が現れます。またリバウンドや内臓脂肪の増加の直接的な原因になることも。

体重を維持することが成功

ダイエットの成功とは一時的な体重減少ではありません。維持をすることが成功になります。糖質制限は痩せることに貢献しますが、その後気を抜いてしまうと、リバウンドが発生しやすいダイエットでもあります。そうならないためにこそ、知識が必要です。

リバウンドをしない糖質制限を

炭水化物や糖質を一切摂らなくなると、脂肪や筋肉が分解されエネルギー源となってくれます。そうすると体重が落ちますが、同時に筋力も落ちることから基礎代謝が下がることを意味します。痩せやすい身体になるためには基礎代謝が必要になりますが、それが落ちることによって太りやすくなり、結果リバウンドをしやすい身体になってしまいます。よって間違った糖質制限はリバウンドを招きやすいことを知っておきましょう。

炭水化物を摂らないダイエットではない

糖質制限は炭水化物を摂取しないダイエットといった、間違った情報が流れていることも多いです。ごはんやパンを食べる量を工夫して減らすことになりますので、その定義を間違えないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です