炭水化物を嫌いになることで起きる弊害

直感的に炭水化物が太る原因と考えている人が多いです。しかしそうではないことを知っておかないと、その糖質制限、失敗する可能性があります。これからそして今行っている人にこそ、知っておいてほしいことがあります。

炭水化物を嫌いになってはいけない理由

エネルギーの源になるからです。炭水化物や糖質は体内でブドウ糖になり、それを膵臓から分泌されたインスリンが各器官にエネルギーとして運び、人間は活動をしています。よって炭水化物を嫌いになることで、エネルギーの確保をすることができなくなり、身体に異常が生まれやすくなります。

また過度な炭水化物嫌いになると、身体も異常事態と感じ食べたものを脂肪として蓄えるようになり、かえって太りやすくなることも。またそれだけではなく、生活習慣病の一種である内臓脂肪も増えることになり、不健康を招く恐れもあります。

工夫をして炭水化物を摂取するのも糖質制限

まったく炭水化物を摂らないのが糖質制限ではありません。それを控えるダイエットのことを糖質制限と言います。よって工夫をして炭水化物の量を減らすことを考えましょう。意外にいろいろとできますので、個人で工夫をして炭水化物と向き合うようにしてください。

具体的な工夫の仕方

ダブル炭水化物を避けるだけでも、まったく変わってきます。たとえばうどんにおにぎり、ラーメンにチャーハンとダブル炭水化物になっている食事は意外と多いです。これをやめるだけでも糖質制限の始まりとなります。

必要以上に糖質を摂取していることも多いので、このような関心を持つだけでも体重の減少に効果を出すはずです。またごはんを玄米に変えるだけでも、まったく変わってきます。

ごはんを玄米に変える意味

炭水化物と糖質は同義としてとらえても良いですが、厳密にいうと異なります。炭水化物の食材に含まれている食物繊維やたんぱく質などを取り除いたものが糖質と定義つけられています。

玄米を精白したものが白いごはんです。よって白いごはんは、そのまま糖質ということになります。玄米であれば胚芽などが含まれており、食物繊維も豊富です。よって量としては糖質をそのままに、食物繊維が含まれていることからまた腹持ちも良いことになります。だからこそダイエットに効果的です。工夫をすることによって糖質制限ができる一例です。

健康的な減量を目指そう

ダイエットを行って不健康であれば意味がありません。よって健康的な減量をする必要があります。そのための糖質制限になりますので、工夫をして炭水化物を控えるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です