工夫をする炭水化物の取り方

炭水化物が大好きで、痩せることを考えている人にこそ、実践してほしい食べ方があります。確かに炭水化物はおいしいです。それを極力無駄にすることがなく、ストレスを溜めない食べ方になりますので試してみることをおすすめします。

炭水化物を重ねないこと

これは糖質制限で痩せることを考えている人には、基本となりますので、徹底するようにしてください。炭水化物を重ねないようにしましょう。ラーメンにチャーハン、うどんにおにぎりなど、ポピュラーな組み合わせです。このような食べ方をするのを防ぐだけでも、痩せることに近づきます。糖質制限の方法ではありませんが、炭水化物を重ねていた人であれば、これに気を付けるだけでも体重の増加を防ぐことが可能です。

冷えたごはんは太りにくい

レジスタンススターチというでんぷんを発生するのが冷えたごはんです。温かいごはんはでんぷんが吸収されやすくなり、それだけ血糖値が急激に上昇し、脂肪として取り込まれやすくなります。しかし冷えたごはんは吸収されにくく、急激な血糖値の上昇を防ぐことができます。よっておにぎりなど、ダイエットに効果があることになります。意外な食べ物に糖質制限ダイエット効果があります。

白より茶色の炭水化物

白いごはんやパンは糖質が多いことで知られています。しかしそれを玄米やライ麦に変えるだけで、糖質制限をすることが可能です。これらの原料は食物繊維が含まれており、体内に入るとカロリーも低くなり、何よりも歯ごたえがあることで満腹中枢を刺激することに貢献します。そうすることで食べ過ぎを防ぐことになり、また食物繊維で便通も良くなることから、さまざまな効果を見込むことが可能です。白い炭水化物よりも茶色にするだけでも糖質制限となります。

抜くよりも量を減らすのが基本

糖質制限というと、炭水化物を抜くダイエット方法として知られていますが、そうすると問題が起きることも。そもそも糖質はエネルギーになりますので、不健康なダイエットになってしまいます。必要な栄養素になることから、過度な摂取制限はしないようにしてください。健康的なダイエットだからこそ、健全に痩せることができます。

工夫をすることで糖質制限は成功をする

炭水化物の摂取方法を工夫することで、糖質制限は成功します。単純に炭水化物を抜けばそれだけ早く痩せることに貢献しますが、後でリバウンドもしやすくなりますのでおすすめできません。健康的な糖質制限を行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です