極端なリバウンドを招かないための糖質制限

いろんなダイエットを試してきたけれど、リバウンドに苦しめられている経験を持つ人も多いです。食べることを控えるダイエットをする人が多く、それがそのまま糖質制限となります。そこからなぜリバウンドをしやすくなるのかを知っておくことが大切です。

リバウンドを招く原因

今まで食べられなかった反動から太ってしまう人もいますが、ほとんどの方は多少食べる量が変わっただけなのに、リバウンドを招く人も多いです。その直接的な原因になっているのは、基礎代謝が落ちることになります。基礎代謝は普通に生活をしていても消費するエネルギー代謝量のことを指しており、これが落ちることで当然太りやすくなります。

過度な食事制限は筋力低下を招く

なぜそのようなことが起きるのかというと、それは過度な食事制限です。主に炭水化物を控えることによって、脂肪がエネルギーとなって活動をしますが、それだけではなく筋肉も消費することになります。そうなると筋力が低下し、基礎代謝が落ちるメカニズムです。そのまま基礎代謝が落ちることから、エネルギーの消費が悪くなり太りやすい身体となってしまいます。

また炭水化物を摂らなくなると、そのままたんぱく質や脂質を脂肪として身体はため込みやすくなり、その分体重が増えて内臓脂肪も増える要因になります。過度な食事制限、いわゆる炭水化物を控えた糖質制限は、基礎代謝を落とすだけではなく、余計な脂肪も招きます。

健康的なダイエットに欠かせない運動

どうすれば基礎代謝が落ちないようにできるのか?これが課題になります。それは運動を怠らないことです。これはダイエットにおける基本です。摂取カロリーよりも消費カロリーを増やせば、それだけ体重は落ちます。同時に筋力も付きますので、基礎代謝の維持、または増加を見込むことが可能です。

基本にしっかり正しい知識で

基礎代謝を落とさない工夫が必要ですが、過度な炭水化物を控える行為は痩せることに逆行することを知っておかなければなりません。基本に忠実にダイエットを行うことが必要です。食べなければ痩せるといった極端な方法では、残念ながらリバウンドを招く原因になります。

リバウンドを招かない健康的なダイエットを

苦労した分増えてしまえば、ショックも大きいです。そうならないために必要な対策になりますので、しっかりと行い健康的なダイエットに励むことをおすすめします。体重を増やさない正しいダイエットをしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です